千葉県千葉市稲毛区長沼町112-2 イオンタウン稲毛長沼

電話:043-258-7204

室長挨拶

高濱

 早稲田進学ゼミナール長沼校の室長をしております高濱と申します。

進学塾での講師経験が長く、その後別の進学塾で教室長を長らく勤めてきました。このたびイオンタウン稲毛長沼内に新規開校する講師1:生徒2にこだわった個別指導塾の教室長に就任いたしました。 どうぞよろしくお願いします。

 いよいよ新学期です。新しい学年になり、勉強内容が大幅に変化して戸惑う事も多いと思います。教科書が変わった途端内容がわからなくなった。今までの勉強内容にもついていけないのにまた新たな内容が加わって余計混乱している。そんな生徒さんも多いのではないでしょうか?。そんな時はぜひ当校にに来て勉強してみてください。過去に遡り、わからなくなっている部分を集中的に復習し、新学年の内容にも「わかった!」と言われるような授業を行います。家で悩むよりも塾に来て先生に質問しましょう。個人的に徹底的にわかるまで、何度でも教えます。そこが個別指導塾の良いところなのですから。

運営者挨拶

 何でもスマホやタブレットで行う風潮の世の中、早稲田進学ゼミナールはあえて紙を使った教育に取り組んでいます。紙の良さは手を動かすことです。鉛筆やシャープペンシルを通して指に伝わる圧刺激は脳を活性化させます。また字を書くには指を微妙に動かす必要があります。ロボットの指で字がうまく書けないのはこの繊細な指の動きをまねすることができないからです。このため字を書くことは脳内の血流を相当量増大させるのです。このため私たちは紙の教科書を使用し、問題文を読みながらそれこそ手にタコができるほど書いて練習させます。それが記憶を脳に定着させる最も良い方法だからです。
 また、最近の研究で紙にインクで書いてある教科書を読む方が理解が進み、長期記憶への移行が進むことも報告されています。大手塾ではタブレットのアプリを使用した勉強を行ってますが、ゲーム感覚で覚えた勉強はゲームのように記憶から蒸発しやすくなります。やはり勉強は漢字は手で書き、算数数学は方程式を書くことで一生涯続く身についた勉学となることでしょう。今や学校教育でもパソコンやタブレットを使用した授業に移りつつあります。そんな時代ですが、私たちはあえて逆らい、紙の教科書と紙の練習問題で授業を行っていきます。

 新型コロナの影響で塾業界も大きな影響を受けてきました。特に集団塾は狭い教室に生徒を目一杯詰め込んで授業を行う、いわゆる3密状態であり、危険極まりないとの指摘を受けて営業自粛になりました。しかし、当校はパーティションのついた特別仕様の個別机を使用し、生徒2名までの個別指導塾です。さらにできるだけ生徒同士の距離を保つ、マスクの着用、消毒の徹底等感染拡大防止に努めております。

 イオンタウン稲毛長沼 は長沼町の北部地区に位置する中核ショッピングセンターであり、区境に近いことから稲毛区だけではなく、花見川区や四街道市も商圏とする好適地にあります。このショッピングセンターの一番奥にある静かな場所に当教室はあります。新規オープンに際してはコロナ後を見据えた教室作りを行い、個別指導机も互いに離して設置することでソーシャルディスタンスを確保しています。また自習室は個別指導教室とは別に設け、そこでも生徒が個別に衝立を立てた机に座ることで生徒同士の私語が出来ないようにしてあります。受付は扉の無い外廊下に面したオープンタイプとし、買い物の時に気楽に立ち寄り、入塾や進学相談をすることができます。

 当教室はオンライン授業も実施しております。ZOOMを用いたオンライン授業は生徒が自宅に居ても塾に来たような勉強効果を上げることができます。もちろん、教室に来て勉強するのが一番良いのですが、天候の悪化、例えば夕方突然激しい雷雨になったり大型台風の接近など不測の事態に自宅でのZOOM授業は特に便利です。他にも生徒が軽い風邪になった場合など電話1本でいつでもZOOM授業に切り替えることができます。当教室の講師はZOOMに関してほぼプロレベルの使い手が揃っておりますのでご安心ください。講師が教室にいて生徒が2名とも自宅、講師と生徒1名が教室にいて、生徒1名が自宅など様々なタイプの授業に対応しております。是非教室長にご相談ください。ZOOMはあくまで先生の顔を見たり音声を聞くためのツールです。緊急の時以外は教室で勉強しましょう。

教室の場所は専門店街に入り、MAX VALUの入口を左に見ながらトイレ方向に向かい、一番奥の左側にあります。

教室概要

教室名 早稲田進学ゼミナール イオン長沼校
教室長 高濱渉
住所 〒263-0005 千葉県千葉市稲毛区長沼町112-2 イオンタウン稲毛長沼内
電話番号 043-258-7204
地図   

写真ギャラリー