千葉県佐倉市宮ノ台6-4 山万ビオトピアプラザ2F

電話:043-310-5656

室長挨拶

川合

 早稲田進学ゼミナールユーカリ宮ノ台校の室長をしております川合と申します。進学指導で定評がある某有名大手個別指導塾で副室長をしていました。その時勉強させて頂いた教室運営ノウハウや指導方法のコツ、どうしたら成績が上がるのかといった勉強テクニックをこの地域でも生かしたいとの思いからこのユーカリが丘にやってまいりました。この塾の特筆すべきはプロ講師がたくさん居ることです。これにより各生徒はある程度決まった講師から定期的に指導を受けることが可能となりました。子どもさんはどうしても好きな先生、嫌いな先生が出てきます。好きな先生に当たった日は元気よく勉強するけどイヤな先生に当たった日はやる気がしないといったことがたまにあります。そんなやる気ムラを無くすためにも入塾の時に体験授業を受けて頂き、お子様に合った先生から快適な授業を受けて頂きたいと思います。

 当教室はユーカリが丘内を巡回しているモノレール線の中学校という駅から歩いてすぐ裏にあります。1階にはマックスバリュというイオン系のスーパーがあり、このビルの2階に塾はあります。2階には当教室以外に体操教室や病院等があり、とても便利な場所となっております。スーパーの3階は駐車場で、終日無料で駐車できます。どうぞ遠方からお子さんを送るときは3階駐車をご利用下さい。

 教室の特徴としてはとても静謐な環境と広い教室空間です。通常の塾は狭い空間に机や椅子を無理やり押し込んで、そこに雑多な教科書が積み上がった雑誌編集部みたいな環境で授業が行われています。心理学的には人間は視線の先に見えているもの(意識しているもの)以外の周辺領域に存在する無意識領域に属する物が心理に重大な影響を及ぼすことが知られております。教室がゴチャゴチャした環境では視線の先にある教科書に意識を幾ら集中しても、その周辺領域から受ける外乱により集中力が上手く上がっていきません。しかし、当教室は出来るだけ広い空間とスッキリした環境を実現することで生徒の集中力を限界まで高めることに成功しています。

 ユーカリが丘は全国的に見ても特異な街です。かつて1960年代の高度成長期に盛んに建設されたいわゆるニュータウンは数百から数千戸もの団地を建設し、そこに一気に人々を入居させる手法でした。この方法ですと若い両親と小学生の子ども達があふれる活気ある街が即座に形成されますが、その後30年40年経過すると老人があふれる限界集落という悲惨な街の最後を迎えることになります。そこに存在するのは空き屋問題と孤独死です。ユーカリが丘はそんな欠点を排除すべく、広大な開発区域を小区画に分割し、ある区画を開発して入居させたらしばらく開発を休止します。そしてまた別の区画を開発します。最初の区画の住民が高齢期にさしかかるころ、後の方の区画はまだ若い人々が暮らしておりますので街全体が老人と若者が混在する理想的な街作りが形成されるのです。ユーカリが丘の良い点は高齢で夫婦2人きりになった大きな家に住む住民が便利な駅近のマンションに移転し、元の家を若い住民に安く売却するシステムも出来上がっている点です。ユーカリが丘ならではの特徴と言えるでしょう。
 そんな住みやすい街の片隅の小さな塾ですが住民の方々の教育に対する理想を実現すべく日々がんばっております。勉強や進路に関する相談は随時受け付けておりますので夕方の時間帯であればお買い物のついでにぜひ当教室にお寄りください。

教室概要

教室名 早稲田進学ゼミナールユーカリ宮ノ台校
教室長 川合正宏
住所 〒285-0857 千葉県佐倉市宮ノ台6-4 山万ビオトピアプラザ2F
電話番号 043-310-5656
地図   

写真ギャラリー